読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗礼

今日は,これから携わるプロジェクトに関係するキーマンの方々と顔合わせと簡単な打ち合わせを行い,ついでにディナーに同席させていただいた。会場はシャングリラホテルで,これがもう今まで泊まっていたシェラトンホテルより数倍格上か!というほど綺麗だった。聞けば建って1年経ったかどうかという新築ホテルだった。これはすごい。仕事の話・雑談それぞれ話が盛り上がり,とても面白いひと時でした。

 

さて,今日は11:00に業者がインターネット開通の作業に来るはずだった。「だった」ということはつまり,そうならなかったということなのだけれども,その顛末を簡単に書いておきたい。

 

今週水曜日に契約した時点では,業者はもともと金曜日の12時でどうかということを言ってきていた。あいにく,こちらも金曜の午後は今日のキーマンとの打ち合わせがあるのでもっと早めにしてほしい。そこで「11時でお願いしたい」「OK」という流れになった。そこで,午前半休を取得して業者が来るのを待っていた。すると,10:30からSMS経由で次のやり取りが発生した。

f:id:amaken1976:20160514030933j:plain

 

業者:すみません,今日(注:金曜)は無理です。明日行きます。
筆者:明日の何時か?
業者:日曜の12:00で。
筆者:日曜は用事がある。土曜にせよ。
業者:OK。明日12時で。
筆者:OK。

 

最初から突っ込みどころ満載だったのだが,一番のポイントは「明日(土曜)」と言いながら次の発言でシレっと「日曜」と言っているところだろう。人によってはここで激怒するのかもしれないが,正直なところ自分は延々と粘り強く交渉することが好きではないので,とにかく明日には頼むという調子であっさり身を引いてしまった。このことを職場のインド人に話したら「Oh… Welcome to India」とのことでした。彼曰く「明日になったらとりあえず絶えずプッシュしたほうがいい」という助言をいただいた。また,職場の上司にも「ずっとポーリングし続けたほうがいいよ」とのコメントをもらった。みなさんこういうことはすでにくぐり抜けてきたと思われる。インド人が時間や約束にルーズだということはいちおう予習していたつもりだけど,自分が当事者になるとそう簡単には納得できないのも事実。さて,明日はどうなるか。

 

f:id:amaken1976:20160514030921j:plain

おまけ。出てしまった,Gが。

この写真を撮ったのは,上記の顛末のあとで諦めて会社に行こうと身支度をしている最中だった。そこから12時間近く経過してこの日記を書いている今も,ほぼ同じ位置にいる。今日は眠れない夜になりそうだぜ!まあ,寝ますけど。

 

インドの南国っぷりが本気を出し始めている昨今です。

 

広告を非表示にする