読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドの酒

毎週日曜日は,自宅から歩いて5分のところにある,今の自宅に入るまで宿泊していたシェラトンホテルの朝ビュッフェで食べている。税込みで1020ルピーなので1700円ぐらい。日本の水準で考えても朝ごはんとしてはかなり高いけれど,平日は朝シリアル・昼社食(75〜100ルピー)・夜はフードコートで200ルピーあるいは家で果物をかじるぐらいの出費なので,これぐらいの贅沢は週1回したって許されるだろう。ここだとカリカリベーコンや牛肉料理も食べられるのだから,密かな楽しみなのだ。

 

さて,昨日の散歩の情景を詳しく書こうと思ったら,Lumia(Windows Phone)で撮影した写真をMacBook Proに移せなくて困ってしまった。具体的にいうと,LumiaをMacにUSB接続しても,Windows Phoneが外付けドライブとして認識されないのだ。Windows Phone側の設定だろうかと思ってあれこれいじくってもダメ。そこでやむなくググってみると,英語サイトだけどこんな情報が見つかった。

どちらも結論は同じで「以前のバージョンのOS Xでは,MicrosoftWindows Phoneと連携させるためのアプリをApp Storeに出していたが,El Capitan対応のものはリリースされていない」のだそうだ。Microsoft側にやる気がないのか,Apple側がWindows Phoneを拒絶しはじめたのか,単にアプリの認可が遅れているのかは分からない。

いずれにせよ困った。他にも思いつく限りのことを試したけれどどうしても無理。考えてみれば上記のURLで書き込みをしている人たちだってさんざん試行錯誤したはずで,それでも無理だったんだからどうしようもないんだろう。最終手段はWeb上の無償のアップローダーに一旦画像を載せてから改めてMacBook側にダウンロードすることだろうけど,ただでさえ節約しながらネット接続しているのにそんなことしたくない。Windows Phoneというマイナー路線を歩んだことの代償にじわじわと苦しんでいる。Windows Phoneについては,当初の物珍しさから醒めて不便に感じる点もたくさん出てきたので,いずれ箇条書きでもして書きます。

というわけで,昨日の散歩の顛末は画像を取り出せるようになったら改めて書きます。うーん,忘れてしまうかもしれない。

 

さて,今日はマントリ・スクウェア(いままでマントリ・モールと書いてきたけれど,どうやら〜スクウェアというほうが正しいらしい)に酒を買い出しにいく。今まで横目に見てはいたけれど,入店するのは今日が初めて。いざ入ってみたら,意外にも大抵のお酒が揃っていて嬉しくなった。ビール・ワイン・ウィスキー・ジン・コニャック・ラム・ブランデー,なんでもある。ちなみに,レジで自分の前に精算していた人もおそらく日本の方だった。みんな訪れる場所なのだ。

以下,雑感。 

  • インド国外の酒はだいたい高い。これは関税の影響だと思う。Jim Beamなんかは3000ルピーぐらいした。税金も考慮すれば5000円を超えるぐらいだろう。逆に,インドで酒造・ボトリングしたようなものはグッと安い。物によるけれど,1000ルピーするかどうかといったところ。
  • ビールはKing Fisher系が最前面に押し出されている。しかし,舶来種もわずかながら扱われている。King Fisher系ならひと缶・ひと瓶で100円ぐらい,舶来種でも200円ぐらい。僕が好きなヒューガルデン・ホワイトもあったけれど,こちらは値段をチェックし忘れた。そして,残念ながら日本製ビールは(今日僕が訪れたところでは)まったく見かけなかった。といっても,僕は日本のビールよりも外国の苦味が濃い強いビールのほうが好きなのでそこはまったく問題なし。
  • こちらの人はアルコール度数が強い酒が好きなのか,アルコール度数8%程度のビールが多い。酔っ払ったインド人はついぞ見かけたことがないけれど,自宅なり,外であっても行くところに行けば,呑んだくれていたりするんだろうか。
  • インド製ワインもちゃんとある。バンガロールやそのさらに南のほうでは,わりと盛んに醸造しているらしい。舶来のワインは高いけれど,インド産のものは安い。これもたぶん関税の影響だろうか。

国産が安いといっても,街中の大衆食堂なら100ルピーもせずに腹いっぱい食べられる社会の中では,ビール一本に100〜200ルピーとなると大層な贅沢であるには違いない。酒は本質的に贅沢品なのだ。

そういうわけで本日の戦利品。これら全部を足して1200ルピーぐらいだった。

f:id:amaken1976:20160523010637j:plain

これは素直にiPhoneで撮影しました。

 

左から順にバドワイザー(アルコール度数5%),チュボルグ(5%),ノックアウト(インド国産,8%),ヘイワーズ5000(インド国産,8%),バドワイザー・マグナム(国産??,8%),SULA(国産ワイン,赤)。

今日はとりあえずノックアウトと赤ワインを飲んでみた。どれも美味しいけれど,味オンチな僕は味を適切に表現できない。とりあえず,ノックアウトはビールで,SULAは赤ワインでした。これ以上言うことなし。以上!

広告を非表示にする