読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読みたい

本を読む機会がほとんど無い。職場で仕事の資料を読んだり受付にある新聞を読むことはあるけれど,プライベートではまったくと言っていいほど活字を読まなくなってしまった。もちろんインターネットでブログやらニュース記事を読むぐらいのことはするけれど,これは本を読むのとは感覚がぜんぜん違う。日本からは本は持ってこなかったし,バンガロールではまともな本屋が無いので気軽に本を物色できない。Amazonで買う手もあるけれど,こっちの生活ではなるべく物を持たないようにしたいので,みだりに本を増やしたくない気持ちもある。

そういう話を以前職場のIさんにしたら,「Kindleみたいな電子ブックリーダーがいいと思いますよ」というアドバイスをもらった。なるほど,今までまったく興味がなかったけれど,確かにあれは便利なのかもしれない。なにしろ日本の書籍だって読めるし,何百冊買おうと場所を取らない。そして,調べてみるとどうやら普通に紙の書籍を買うよりも安上がりらしいのだ。

 

しかし,自分にはひとつ問題がある。PCやスマホの画面に写った文字を読むのが苦痛でしょうがないのだ。仕事の時は我慢して読むけれど,本当は紙に印刷してじっくり読みたい。実際,プレゼン資料を推敲するときは必ず2up両面設定で印刷してチェックしている。自分は集中してくると紙にグッと顔を近づけて目を凝らしつつ指や鉛筆で活字を追いかけて熟読するクセがあるので,電子データを画面で読むときにはそれができないから本当に辛いのだ。

(不思議なことに,LINEやメールを読むぶんにはこれがちっとも気にならない。思うに,これらはそもそも短いうえに,気軽に読み流せる性質のものだからだろう)

 

で,いろいろ調べてみるとKindleにはスマホ版もあると知った。そこでさっそくiPhone6s Plusに入れてみて,試し読みが出来る本をダウンロードして試してみた。すると,案の定どうしても頭に入ってこない。指でなぞろうとするとスワイプ扱いになって勝手にスクロールしていく(怒)。このスワイプを無効化する手段ってないもんかなと思ったけれど,これができないとページめくりそのものができなくなるのでダメなんだろう。タブレットみたいに画面が大きければ,(スワイプの件はともかく)もう少し読みやすく感じられるのだろうかと思ったりもしたけれど,そんなことを確かめるためにわざわざタブレットを買う気にもなれない。

 

そういうわけで,持ち物が増えるのはもう致し方なしということで,素直にAmazonで本を購入することに決めた。引っ越すことがあったら,誰かにタダで進呈することにしよう。

広告を非表示にする