読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドの病院(2)

朝,目が覚めると特に熱は無い。といってもすでに9時過ぎだったので,意外にも深く眠り込んだようだった(普段は休みの日でも習慣で7時前ぐらいに目が覚める。そこから二度寝するけど)。やっぱりまだ体が弱っているんだろう。首筋の痛みは薄いけれど,頭はまだ痛い。じっとしているぶんには何も感じないけれど,そこから急に体を動かすとズキンと痛む。血流が激しくなると痛むんだろうか。

なんだろうなこれ…脳出血とかだったら今頃とっくにくたばってるよな・・・なんでこんなところが痛いんだろう…と思っているうちにピンときた。これだ:

 

f:id:amaken1976:20161010221836j:plain

 

これ,キッチンの戸棚の扉なんだけど,この戸棚には以前買ったお茶漬けやインスタント味噌汁が入っている。よくここからそれらを出してはその場で前かがみになって仕込むんだけど,仕込んだあとで上半身をグッと起こした拍子にこの扉の角の部分に思いっきり頭をぶつけて悶絶したことがこれまで3回ぐらいあったのだ。本当に涙がポロッと出てくるぐらい痛かったのだけど,いま頭痛がする場所って,まさにそのぶつけた箇所だということに気づいた。最後にぶつけてからもう2ヶ月ぐらい経っているけど,もしかするとそこが古傷状態になっていて,風邪を引いた拍子に痛む…なんてことになったのかもしれない。

まだ微妙に体調が悪いけれど,なんだか原因がわかったような気がして安心したのでビールの飲みにいった。こんなんだから治らないんだろう。

 

次回に続く。次で終わります。