読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とローラースケート

朝:シェラトン

昼:なし

夜:自炊(ミネストローネ失敗してカレースープ、キャベツのゴマ和え)

 

ミネストローネ作ろうとしたらナスの色が滲み出て黒くなってしまい、カレー粉を少し入れてカレースープ化させて凌いだ。

 

マンションの周辺をジョギングしていると、何周目かの時に、猫が道の真ん中で堂々とウ◯コを垂れてる現場に出くわした。もちろん避けて通る。

 

途中で、小学4-5年生ぐらいと思われるインド人の女の子5人がローラースケートで滑っていた。僕の後を追いかけて来たり並走したりと物怖じせず人懐こい。こちらも手を振って和やかに対応。その後、僕はスピードを上げ、また一人で黙々と周回した。

 

7周目ぐらいだったろうか。道の遠くの方で女の子たちが立ち止まって集まっているのが見えた。あ〜もしや…と思いつつ接近していったら、案のウ◯コを踏んでしまった子がいるらしく、泣きじゃくってる子を囲んでみんなで慰めているようだった。ああ、車輪にウ◯コを巻き込んだら掃除が大変だろうなぁと思うと可哀想で仕方がない。とりあえず警備員さんにそのことを伝えて掃除人を手配してもらった。事前に警告してあげればよかったかな、なんて思ったりもしたけど、それはまぁ無理ですな。「あそこに猫の糞があるから踏まないように気をつけてね」なんていきなり言われたら、女の子からすれば「このおっさん何…?」ってなっただろう。

 

家に戻ってシャワーを浴び、昨日買ったビールを呑んでいると非常にサムい事態が発生。詳細は敢えて伏せるけど、ビールが極めて不味くなった。