デリー出張

朝:空港食・機内食

昼:なし

夜:空港食・機内食

 

本日はインドの本社での打ち合わせに出席するためにデリーに出張した。いろいろ逆算するとなんとか日帰りができそうな気がしたので,思い切って試してみた。そういうわけで朝7時に家を出てまっすぐ空港に向かう。空港で朝食を済ませて9:45発のフライトに搭乗すると,デリーに着いたら12時を回っていた。

 

f:id:amaken1976:20170714043950j:plain

空港で食べた朝食。ドーサというやつ。これはスパイシーなのが苦手な人でも安心して食べられる。

 

f:id:amaken1976:20170714044109j:plain

会社の庶務担当さんが朝食付きオプションを手配してくれたので機内食が出てきた。たとえ空腹じゃなくても,こういうのが出ると食っちゃうのが人の性。

 

飛行機から降りた瞬間にモワッとした熱気を感じた。あとで確認してみると33℃だった。いちおうモンスーンの時期だけに5月や6月ほどじゃないけれど,バンガロールとは比べ物にならない暑さ。早くもバンガロールにとんぼ返りしたくなる。

 

さて,実は飛行機が飛んで1時間ぐらいしてから猛烈にう◯こがしたくなっていて困っていた。LCCなので飛行機から降りてからバスに乗ってノロノロと到着ロビーまで移動するあたりが苦しさのピークで,日本の相棒とLINEでひたすら会話をして気を紛らわせ,バスから降りたらダッシュでトイレに直行して助かった。2chでたまに「電車の中でう◯こを漏らして人生オワタ」とか「初デートでう◯こ漏らした死にたい」的なスレが見つかることがあって,今までは「どうせネタで書いた作り話だろう」と思っていたけれど,なるほど確かに本当にそういうこともあるかもしれないな,と今日ちょっと思った。

 

空港からバスを使ってメトロ駅まで移動し,そこからはメトロで会社まで直行する。デリーの空港にはターミナルが2箇所あって,LCCはちょっと外れたところにある第1ターミナルに集中している。そのせいでメトロ直結になっておらず,わざわざバスを使って20分ほど移動しないとメトロの駅に辿りつけないので不便極まりない。これは本当になんとかしてもらいたい。

 

会社で打ち合わせ。これはつつがなく終了。空調が効きすぎていて寒かった。しかし本社だけあってバンガロールのオフィスよりもいろいろ設備や環境が豪華で,その点ではずっと働きやすい気がした。

 

18:00過ぎに退社してメトロで空港まで直行。帰りの便はLCCではないのでメトロ直結のターミナル3になる。これが本当に便利で,会社から空港までわずか25分だった。しかも運賃は60ルピー。これが例えばドライバー会社で車を手配していたら1000ルピーぐらいは掛かっていたはずだ。運行時間は正確,渋滞に巻き込まれるリスク無し,交通事故の可能性はほぼゼロで超安全,大して混んでいないので大体座れる,清潔,おまけに安いとなると,メトロを使わない手はないだろう。

 

空港で一杯呑み,定刻に出発。考えてみれば行きも帰りもいっさい遅延なく出発できたのはかなり珍しいことかもしれない。機内でもまた機内食が出てきた。そのあとはうつらうつらと寝ていたら,なんと自分の両隣のインド人のおっさん達が,僕を挟んで僕の顔越しにワーワー会話し始めて閉口した。

 

バンガロールに着いたら23:45。家に着いたら00:30。日帰りとはいかなかったか。次は無理せず一泊しよう。

 

f:id:amaken1976:20170714050344j:plain

おまけ。デリーはやっぱりそれなりに整然としていて都会に見える。

広告を非表示にする