毛布の洗濯をしたいという話

朝:無し

昼:外食

夜:マンゴー

 

昼メシを外に食べに行ったら、普通にビールを出していた。あの騒ぎは一体なんだったんだ。

 

普段、寝るときは毛布を使っている。そして、実は赴任して以来一度も洗濯していない。いいかげん洗わなきゃいけないと常々思ってはいたのだけれど、なにしろキングサイズベッド用なのでとても洗濯機に入らないのだ。幸い涼しい場所だから寝汗はほとんどかかずに済むので諦めて放置していたけれど、これはやっぱり不潔だろうと急に思い立ち、検索してみた。すると、近所にSri durga hi-tech laundry servicesなる洗濯屋があるらしい。距離も片道1kmぐらいなので、徒歩で下見に行ってみた。

排気ガスと汗にまみれて現地に着くと、ボロボロで配線むき出しの業務用洗濯機が4台ぐらい並んでいるところに、店員のおっさんが1人だけアイロンをかけている姿があった。ハイテクのカケラもない。上記のリンク先にある画像だともうちょっとまともに見えるけれど,実際に行ってみるとこれがさらに10年ぐらい老朽化したような状態に思えた。店に入っていろいろ訊いてみた。

 

「毛布は扱ってくれる?」

「アッチャ(オッケー的な意味)」

「キングサイズ用だけど大丈夫か?」

「アッチャ」

「すごい大きいよ?」

「アッチャ」

 

なにを訊いても大丈夫だという返事ばかりなので不安になる。

 

「どれぐらい掛かる?」

「24アワーズ

 

丸一日か。ちょっと考えた。はっきり言って毛布がないと夜は寒いのだ。日本ならコインランドリーで一発なんだけどな〜。とりあえずその場は退散することにした。どうしたものか、今も思案中。

 

f:id:amaken1976:20170709012945j:image

帰り道の風景がなんとなく格好良かったので撮ってみた。

広告を非表示にする