Amazonとチャットして注文をキャンセルし、払い戻ししてもらった

f:id:amaken1976:20190916034456j:image

7月20日に、天然果汁100%のトロピカーナAmazonで8本発注した。相棒は100%モノにこだわっているのだが、近所のスーパーだとそういうのが全然無いか、あってもトロピカーナ以外のブランドで異様に高かったりするの、そういう時にはAmazonに頼ることになる。

 

…が、これが全然届かないのだ。このまま8月になってしまっても全く届かず、そのうちにAmazon側から「この注文の品はなくなってしまった可能性があります」というメールが飛んできた。といってもそれも8月20日頃のことで、個人的にはもう忘れてしまっていたほどだった。好意的に想像するなら、この時期はムンバイなどインド北西部が大雨洪水でめちゃくちゃな事になっていたので、店側がもろに被害を受けたり物流がズタズタになってしまったのかもしれない。悪い方向に想像するなら、この出店者が単なる詐欺師野郎で、注文が振り込まれた瞬間に畳んで逃げたのかもしれない。いや、さすがに税込み1000ルピー程度でそんな面倒なことはしないか…。

 

Amazonの払い戻し手続きはWebページを眺めていても該当の説明に辿り着きづらく(結局Googleで「Amazon India Refund」で検索したほうが速かった)、そのうえ非常に面倒なのである。税込みで1000ルピー強は安くないといえば安くないが、でもこんなに手間暇かけてまで取り戻すほどのことかなぁ、ブログのネタにもなるしなぁと、僕は完全に諦めていた。そのままさらに1ヶ月弱が流れた。

 

…が、相棒は執念深かった。いやいや諦めるな、Amazonは超ムカつく、逃さん、頑張って取り戻すぞ、という話になり、僕は渋々とまたAmazonの画面に向き合った。

 

すると、いわゆるサポートページの中に「チャットする」というメニューが見つかった。チャットねぇ。こういうのって大抵はAIがトンチンカンな応答を返してくるものと相場が決まっているので僕はまったく期待していなかったのだが、今(日曜夜10時)からサポートセンターに電話するのも面倒だし、仕方なく試してみることにした。すると:

 

f:id:amaken1976:20190916034459j:image

 

個人名でチャットに繋いだ人物が登場し、思いのほかちゃんとした対応が行われた。チャットで事情を説明してからものの5分ほどで払い戻し手続きが完了した。正確には本当に払い戻されるのは今から2〜4日後になるそうだが、少なくともAmazonの手続き上は正しく完了したらしく、このチャットを終えてからさらに5分後にはAmazonからメールで通知が飛んできた。

 

ひとまずめでたしなのだが、このチャットの人物、本当に人間なんだろうか。もしこれがプログラムだとしたら、AIの進歩は本当にすごいものだ。まあ、きっと人間だろう。たまにピリオドが打ってなかったり文法が変だったりするし。どっちにしてもこりゃあブログネタだな。おいしいな。でももう眠いから明日書こう。なんてことを思いながら寝た。

ケララ州の祭り

f:id:amaken1976:20190914114104j:image

f:id:amaken1976:20190914114100j:image

 

金曜日、会社のカフェテリアに謎のデコレーションが出現していた。カフェテリアだけでなく、自分のオフィスの向いにある別の会社さんの受付の床にも巨大なデコレーションが作られていた。はて、会社のカレンダー上は特に祝日でも何でもないんだけどな、と思いながら守衛さんに訊いたら、これはどうもケララ州の「Onam」というお祭りと関係があるらしい。なんでまたケララ州の祭りがここで?と思ったが、よく考えたらすぐお隣の州だし、きっとバンガロールに上京(?)して働いている人も多かろう、ということで、そんなに不自然なことではないのかもしれない。しかし、3年以上バンガロールに住んでいて初めて見たな。

などと考えていたら、なんと「Onam」そのものを解説した日本語Wikipedia記事が存在した。マニアっているんだなぁ。

 

SE祈願

今使っているiPhone 6S Plusは、ちょうど2016年年始に確か渋谷のアップルストアで購入したのもので、その3ヶ月後にインドに赴任したから、赴任初日から今までずっとインド生活を共にしてきたわけで、愛着が強い。その間に画面のガラスが割れたり海水をかぶって充電できなくなったりといろいろあったが、なんとかここまで生き残ってくれた。しかし、最近はバッテリーの劣化が激しくて、以前よりも目に見えて消耗が激しくなってきた。しかもバイブレーション機能まで壊れてしまい、設定をどう弄っても振動しなくなってしまったので、電話やLINEが入ってきても気付けなかったりする。致し方ないがこれも寿命だろう。使える間はとことん使い倒すつもりだが、そろそろ買い替えを考え始めるようにもなった。

 

そんなところにちょうどiPhone 11が発表された。よし、じゃあこれにするか、と一瞬だけ思ったのだが、あの3つのレンズがどうにも好きになれない。率直に言えば格好悪いと思う。というわけで、来年こそiPhone SEの後継機が出ることを願いつつ11系はスルーすることにした。これでSEが出なかったらかなり哀しいが、その時は諦めてその時点での最新のものを買うことにしよう。

スリ対策

ひたすら仕事。ガネーシャ祭も終わってすこぶる平和。

 

インドに来てから、「スリ被害に遭ってパスポートを盗まれてしまった」という話を割と多く耳にするようになった。それも、主に休暇でイタリアだのスペインだのといった欧州旅行に行った人から聞くことが多い。インドだと、ぶっちゃけ外国人で超賑わう観光地とかハードコアな貧乏街にでも行かない限りスリになんて滅多に遭うものではないので、インドが意外と平和…というよりヨーロッパが想像よりもヤバい場所だということに今さらながら気がついた。何しろ向こうも生活が掛かっているわけで、ありとあらゆる手練手管を駆使して虚を突き盗みにくるらしいので、日本やバンガロールを歩くようなノリでぼやぼやしていたら太刀打ちできるわけがない。

 

被害話を聞いていると、他人事ながら悔しくてムカムカするので、スリたちに対して一発ぶちかませるような反撃手段を考えたい。

 

こういう職業的なプロのスリを現行犯で撃退するのは意外と難しい気がするので、いっそ盗ませる前提から出発して、スリが盗みを働いたあとで死にたくなるほどどんよりした気分にさせるトラップを仕掛けるという方策を考えたほうが良いかもしれない。たとえば、パンパンに膨らんだ財布を尻ポケットに入れておいて、しかしその中身は干からびたゴキブリの死骸やウンコしてケツを拭いたあとの茶色いのが付着したトイレットペーパーだとか、キテレツな格好をした自撮り写真だとか、持っているだけで呪殺されそうなサイコなものとか、そういうのをだ。開けた瞬間メンタル的に地獄行きでその日一日何もする気が起きない、みたいな。

 

いかにもバカ中学生が考えそうなアイデアだが、個人的にはかなり良い線行ってる方法だと思っている。でも、実際にやってみたら執念深く憶えられて後日雑踏の中で刺されたりするんだろうか。

煮玉子、酒乱

f:id:amaken1976:20190909030626j:image

 

煮玉子を作ったら思いのほか上手くできた。あと2個あるから弁当に使おう。なお、このページを参考にして、冷蔵庫から出したばかりの卵をグラグラに沸いたお湯にお玉で慎重に入れながら7分きっちり茹でてすぐに冷水に取ったのだが、何となく、そのページの6分ぐらいの出来上がりになってしまった。でもこれはこれで良しとする。

 

夜、一人で最寄りのBeer Cafeにビールを呑みに行く。レジ近くのカウンターでWikipediaカリギュラとかカス・ダマトとかを読んだり、いつの日か日本に戻った時に住むべき場所の賃貸情報とかを眺めつつ一人でじわじわと呑んでいたら、真後ろのテーブル席に居た3人組が完璧に出来上がっていて、店内に響き渡る大声でわーわーと喚いていた。英語ではなかったので何を言っているのかさっぱり分からないのだが、特に喧嘩をしているとかそういう険悪な雰囲気ではなさそうだったので、面白いからとりあえずiPhoneの録音アプリで録音しておいた。

しかし、気がつくと店員たちが4人ぐらい僕の近くのカウンター席に集まってきて、チラチラとその客たちを眺めつつ、互いに目配せしながら警戒している状況になってきた。さては結構険悪な雰囲気なのか。ちょっとだけ背中とお尻の筋肉が硬直した。カウンター内側にいるバーテンダーと目が合ったら苦笑された。

そのうち、その客たちが空っぽのジョッキを4つぐらい持って、僕の肩越しにドカッとカウンターに置いて、大音量でわーわーと店員に何か言っていた。そして、僕の肩をバンバンと叩きながら何か話しかけてきた。内心けっこうビビってたのだが、とりあえず相手を見ながら親指を立ててグッジョブしつつイェ〜、グッナイ!と大声で返した。その連中もグッジョブしつつ店の外に出ていったので、たぶん「おぅ、うるさくして悪かったな!ゆっくり呑んでけよ」というようなことでも言ってたんだろう。

そいつらが完全に立ち去ったあとに、店を仕切っているアジア人顔のメガネを掛けた青年に「凄かったねぇ」と声をかけたら「オーマイガー」と言っていた。「暴力沙汰にならなくて良かったな」と言ったら「彼らは半年ぐらい前から結構来るようになってて、毎回よく酔っ払うのだが、今日は特にextremeだったのでヒヤヒヤした」とのことだった。今日ほどでないにしても毎回こんなふうに呑んだくれた状態になられたら気を抜けないだろう。苦労が忍ばれる。

 

家に帰ってから、録音しておいた内容を喜び勇んで相棒に聴かせたら、何を言っているのか分からんからつまらん、そんなもんはよ消せ、と一蹴されて、屈辱と哀しみにまみれながら削除した。

 

日本の本社から、全社員宛に台風15号の注意喚起のメールが来た。こちらは至って平和である。日本はこの時期たいへんだ。

Kalyan NagarのThranのパン

相棒がたまにどこからともなく美味しいパンを仕入れてくるのだが、それがカリヤンナガールという地域にあるスラン Thran という韓国料理店が運営するパン屋から来ているものだと教えてもらった。どうせ暇だし行ってみようかということで、僕としては初めてそのパン屋に行った。そこでは日本並みの品質のフカフカ白パンが売られているのだが、行ってみたらもう売り切れになっていて、相棒はたいそう悔しがって地団駄を踏んでいた。アレ目当てでカリヤンナガールくんだりまで出かけたのに売り切れだとなったら、確かに悔しいだろう。そう思いながらぼんやりとパン屋の中を眺めていたら、他にも菓子パンがいろいろ売られていた。メロンパンみたいなものもあるしカレーパンのようなものもあるしで、見た目はどれも日本人的に馴染みがあって美味しそうである。そういうわけであれこれ6種類ぐらい買ってみたのだが、それで600ルピーだった。安い。これで本当に商売になるんだろうか。

家に帰ってからさっそく家族で喰らいついてみたら、確かに美味しい。食べるのに夢中になってしまって写真を撮り忘れた。特にアンパンが良い。つぶあんではなくこしあんなのも俺ポイントが高いのだが、甘さも控えめ上品なのが素晴らしい。そうか、奥様方はみんなこんな美味しいものを旦那に隠れて食ってたんだな、と思った。