ハンピ紀行(1)

朝:りんご

昼:社食カレー

夜:外食

 

家に帰ってきたらWi-Fiが復活していた。そういうわけでハンピを振り返ります。

なお,日本人でハンピに行ったことのある人はみんなどんな感想を持っているんだろうと思って調べてみたところ,おそらくこのページがもっとも冷静で網羅的で紀行文的な書き方をしているように思えた。基本的にこのページを読めば,行ったことのない人でもハンピがどんな場所なのか充分理解できると思う。

 

ということを前提にして,とりあえず僕の体験を書いていきます。

 

この旅行は,R社のMZNさん(企画者)と,それぞれ別の会社のKさん,MYさん,そして僕という4人集団で行くことになった。ちなみに今年41にならんとする僕がこの一行の中では最若年です。しかし,みなさん若々しい。異国に赴任して頑張る人たちはみんなエネルギーに溢れている。

 

MYさんのドライバーに頼んで全員を順番にピックアップしてもらうところから始まる。僕は最後で,家を出発したのは午前4時40分ぐらいだった。そのままバンガロールを出てほぼ真っすぐ北に向かう。

 

f:id:amaken1976:20170725235736j:plain

まだ真っ暗。

 

f:id:amaken1976:20170725235758j:plain

6時過ぎになると徐々に空が白んでくる。しかしここからさらに4時間以上も車に乗るのだ。相当な距離である。

 

f:id:amaken1976:20170725235904j:plain

各自がそれぞれ買い込んで持ち寄ったビールやおつまみで盛り上がる。ドライバーさんにも魚肉入りチーズを進呈した。MYさん曰く,日本のお菓子をいろいろ渡したら,その魚肉チーズがお気に入りになったのだという。みんなで大いに盛り上がって,気がついたら350ml缶1本と500ml缶2本を呑んでいた。そのせいで途中すさまじく気持ち悪くなってしまった。長時間の車旅でビールをがぶ飲みすべきではない。

 

f:id:amaken1976:20170726000127j:plain

f:id:amaken1976:20170726000253j:plain

旅の途上で,風力発電の風車がたくさん並んでいるのを見つけた。このへんは強い風が絶え間なく吹いているうえに民家からも遠いので,風力発電にはうってつけだろう。

 

f:id:amaken1976:20170726000326j:plain

途中でトイレ休憩。といっても休憩所なんてまったくないので,つまり立ちションである。立ちションなんて憶えているかぎり小学生の時以来なので,なんだか悪いことをしているみたいでちょっと気まずい気がした。しかし他にどうしようもないので開き直って立ちションしました。もちろん他の人もみんなやってる。ヤブに向かって立ちションしたら,20cmぐらいありそうなヤスデが茂みから出てきて激しく動揺した。

 

f:id:amaken1976:20170726000631j:plain

それにしても広い。見渡す限りこんな風景が1時間も2時間も続く。

 

f:id:amaken1976:20170726000709j:plain

f:id:amaken1976:20170726000750j:plain

途中で村っぽいところに入った。ハイウェイを降りるとだいたいこんな感じ。羊の群れにもしょっちゅう出くわした。みんな車を全く恐れない。もうさんざん慣れっこということなのか。羊飼いの人の捌き方がうまいためか,車道にあまりはみ出してこないのも凄い。

 

f:id:amaken1976:20170726000808j:plain

そして5時間ちかく経過したあたりで,だんだん巨岩が目につき始める。ハイデラバードでも見かけた光景だけど,こちらのほうがスケールが大きい。このへんからビール飲みすぎによる頭痛や吐き気もだんだん消えてきて,テンションが一気に高まる。一方,Kさんは飲みすぎが祟って非常にテンションが低かった。

 

f:id:amaken1976:20170726001153j:plain

路上を平然と闊歩する牛や馬たち。基本的に牛のほうが立場が強くて,クラクションを慣らしてもまったく平然としているので,車のほうが慎重に避けて通っていくことになる。

 

f:id:amaken1976:20170726001330j:plain

さあ岩がさらに増えてまいりました。

 

f:id:amaken1976:20170726001413j:plain

まだ遺跡地帯の外れも外れなのに,すでに遺跡っぽいものが見え始めている。

 

f:id:amaken1976:20170726001521j:plain

こういう場所もガンガン通っていく。

 

この時点で11時過ぎぐらい。まずはホテルに入って軽く朝食兼昼食を食べましょうということで,すぐにホテルに向かう。泊まったのはHotel Mayuraというところで,一泊2800ルピーぐらいのところだった。いつも出張で泊まるようなところとはさすがに比べられないけれど,そこそこ清潔な場所なので問題はない。

 

f:id:amaken1976:20170726001631j:plain

f:id:amaken1976:20170726002129j:plain

f:id:amaken1976:20170726002145j:plain

なかなかいい雰囲気だった。ちょっとしたリゾート地のような雰囲気が漂う。

 

f:id:amaken1976:20170726002157j:plain

これが部屋の鍵。古風で悪くない。今後家を建てるときにはこういう中世っぽい鍵にするんだ,と勝手に妄想した。家人になんて言われようとも絶対にそうするんだ。

 

f:id:amaken1976:20170726002214j:plain

部屋は悪くない。テレビがブラウン管で懐かしい。

 

f:id:amaken1976:20170726002229j:plain

トイレ。ここでひとつだけ困った。見ての通りトイレットペーパーがないのだ。いろいろ探してみたけれどやっぱりない。あとでロビーに行って一巻もらってきた。

 

f:id:amaken1976:20170726002249j:plain

そして食堂に全員結集。ドーサを食べたいと思って頼んだら無いと言われた。出たー,メニューに載ってるのに注文すると扱っていないというインドあるある。

 

f:id:amaken1976:20170726002304j:plain

店員のおじさんがやたらと奨めてくるKHARA BATH(カラバット)というものを頼んだら,ふわふわもっちりとしたスポンジケーキのようなものが出てきた。といっても甘くはなくて,ほんのり塩味とスパイスが効いている。悪くはないけれど,ビール飲みすぎたお腹にはけっこう重かった。

 

と,ホテルに着いて切りが良くなったので次回に続きます。ここから本格的に遺跡に繰り出していく予定。

 

f:id:amaken1976:20170726003501j:plain

行くのだ〜!

広告を非表示にする

家のWi-Fiが不調

朝:シリアル

昼:社食カレー

夜:外食

 

さあハンピのことを書こうと思ったら、どうもWi-Fiが不調でインターネットに繋がらない。ルーターを再起動してもダメ。テザリングでやろうかと思ったけどそれもアホくさいので、今日は諦めます。うーむ。

広告を非表示にする

ハンピから帰着

帰りにドライバーが道に迷ってとんでもない田舎道に迷い込んだせいで1時間ぐらいロスした。けっきょく6時間半ぐらい車に乗って20:40ぐらいに家に到着。なんだかんだで素晴らしいところだった。よく「バンガロールに住んでるならハンピ行かなきゃダメだろー」ということを色んな人に言われて,そのたびにケッと思っていたのだけれど,今回の旅行でコロッと掌返してしまった。

 

で,「明日、まとめて詳しく書きます」と書いたものの,いま写真を数えてみたら250枚ぐらいあったのでとても整理しきれない。明日から数回に分けてちょっとずつ整理することにして今日はもう寝る。

広告を非表示にする

ハンピ

突然ですがハンピに1泊2日で旅行します。朝4時出発で眠い。

 

明日、まとめて詳しく書きます。

広告を非表示にする

帰国ラッシュ

朝:シリアル

昼:和食弁当

夜:自炊

 

昼は好例の和食弁当。今日は会社の別のオフィス(工場)勤務の人たちがうちのオフィスに来ていたので,その人達のぶんも調達した。一緒に食べていたら,工場の人のうちの一人(偉い人…っていうか工場長)が「ええですね,こんな美味しいの食べはって」としみじみ呟いた。「いやぁ,でも週一回ですよ」と返すと「いやいやいや,週一回でも充分ですわ」「あ,これ,ほんと美味いなぁ」とさらにしみじみ呟かれた。工場はバンガロールのかなり外れのほうにあるので(工場だから民家や市街地から離れないといけない),簡単には調達できないんだろう。

 

今週はずっと,隣の部署(研究部門)の人たちがインド人も日本人もごっそり不在で静かだった。なんでも日本で研究成果を発表する展示会に全員で出席しているらしい。そして,僕の部署では来週から2週間Hさんが日本に帰る。その後,入れ替わりでボスが1週間半ほど休暇を取る。僕は9月の頭に取る予定。そういう時期なのです。

広告を非表示にする

複数の依頼事項を受けても一度にひとつだけしか対処しない人たち

朝:ご飯+味噌汁

昼:社食カレー

夜:自炊

 

昨日の反省を活かして今朝はインスタント味噌汁をすこし濃い目に作ってご飯にかけて食べたら,味噌汁の風味のほうが勝ってくれた。お吸い物はお吸い物だけで楽しむのがいいらしい。

 

相手の会社(顧客)のデータセンター内で,あるサーバーから別のサーバーにアクセスする必要があったのだけれど,ファイアウォールが効いていて弾かれてしまう。そういう経路が二つほどあったので,その二つの経路をリストアップして,それぞれ通信できるようにファイアウォールの設定をお願いしますとその会社のデータセンターの担当者に依頼したら「やったよ。試してみて」と言ってきたので試してみた。すると,一つ目の経路はうまく繋がったけれど,二つ目の経路のほうは解決していないようだった。

 

こういうことは基本的に日常茶飯事で,たとえば箇条書きで三つぐらい何かをお願いすると,なぜか一度に一つとか,良くて二つぐらいしかやらないという人がやたらと多い。イジワルをしているというわけではなくて,単に最初の一行しか読んでいないとか(基本的に彼らは文章を読みたがらず,会話で済ませたがる),二個目に取り掛かろうとしたときに何かの割り込みが入って,そのまま完全に忘れてしまうというパターンなことが多いように思える。レストランでもこういうことはよくあって,注文を取りに来てくれと手を挙げると,通りがかりにこちらを見て頷いたウェイターが,先に別の客の所に行って注文を取ってから,その後完全にこちらのことを忘れてしまい,いつまでも放置されっぱなし…ということが往々にしてある。この非効率さはいったいなんだろうか。とにかく目の前のことをひとつやって終了し,あとは次の指示待ちという感じなんだろうか。困ったもんです。

インド米に松茸のお吸い物をかけたらすごく臭くなった話

朝:ご飯+松茸お吸い物

昼:無し

夜:外食

 

冷凍していたご飯があったので,それを解凍したものに,日本から送ってもらったインスタントの松茸のお吸い物をふりかけてお湯を注いで食べた。要するに味噌汁ぶっかけご飯のお吸い物版みたいなもので,美味しいだろうと思ったらインドの白米の臭い(タイ米とかバスマティライスの臭いを想像してください)がお吸い物の香りと思いっきり喧嘩して,子犬のおしっこのような濃密で饐えた臭い(分かる人にしか分からないだろうけど)になってしまい大失敗。もったいないので頑張って完食したけれど,朝から大いにテンションが下がった。