特朗普

目覚めた瞬間、昨晩のニュース映像の中にある「特朗普」の意味が分かれば文章全体の内容を正しく解明できるんだろうかとふと思い立って検索してみたら、トランプ大統領の画像がいっぱい出てきた。トランプ大統領のことだったのか!しかし文章全体の文脈はやっぱりよく分からない。諦めた。

 

あと、検索した結果が簡体字の記事ばかり(当然)だったけど、字の読めなさに愕然とした。まるで歯が立たない。文章全体の半分ほどは意味の推察すらできない。为何不买账ってなんのこっちゃ。何と不しか読めぬ。

 

メシ食ってチェックアウトします。今日は打ち合わせが終わったらその後ムンバイに飛ぶ予定。

広告を非表示にする

深夜にフラッとコンビニに行ける悦び

午前中はホテルでメールを処理したりもろもろの資料を作り、午後から顧客との打ち合わせに向かった。打ち合わせ後は関係者全員で懇親の飲み会。

 

f:id:amaken1976:20180524004701j:image

バル?というんだろうか、そんな感じのところで賑やかに過ごした。こんな感じの3リットル入りビールタワーをみんなで飲み干したり。

 

…が、ホテルに戻ったらどうにも飲み足りなくなってきたので22:00過ぎだったが最寄りのセブンイレブンに行って酒やツマミの買い出しをした。

 

と淡々と書いたが、「夜遅くに」「コンビニに行って」「酒やツマミを買える」って素晴らしいですな。インドでは絶対に無理。

 

f:id:amaken1976:20180524004206j:image

なんてことのない発泡酒じゃがビーの美味しいこと美味しいこと。夢中で食らいつくし飲み尽くした。日本にいたら絶対に味わえない悦楽である。

 

f:id:amaken1976:20180524004636j:image

テレビをつけてチャンネルを回していたら、CNNもBBCも「米朝会談キャンセルかも?」の話題で持ちきりである。世界的にもそうだろうが、会場に指名されていたシンガポールにとっては特に重大事だろう。そんな中で、中国系っぽいニュース番組の文字列がふと目に留まった。書いてる意味が分かるような分からないような。「安倍総理に媚びを売るのは無用。日本を仇と思う情で結びつく。懐に在る日本への恨みは封印」という、矛盾した解釈しかできない。北朝鮮と韓国の関係のことだろうか。なんだろう。古文が得意な人は読めるのかな。とりあえず観てて思ったのは:

  • トランプ大統領を「トランプ」というのだけハッキリと聞き取れた。具体的な人名は分かりやすい。
  • 上の写真のオッサンの後にニュースキャスター女子が出てくるのだが、身振り手振りが異様に大袈裟だった。日本のニュースキャスターがぜんぜん体を動かさないのとはえらい違い。

というところで興味もエネルギーも尽きた。眠いので寝ます。

シンガポール到着

ボスのMさんと共に現地時間の17:30ごろにチャンギ空港に到着。意外なことにイミグレは待ち時間ゼロであっさり通過。一緒に乗っていた人たちの大半は乗り継ぎ目的だったらしい。

18:30ごろにはホテルに着き、先に現地入りしていたHさんと合流して、やっぱりここへ突撃。

f:id:amaken1976:20180522232446j:image

 

今回はCarltonホテルに泊まったのだが、そこから交差点を挟んで反対側に歩いて30秒のRaffles Cityというショッピングモールの中に鼎泰豐があることをHさんが事前にリサーチしていた。日本人をここまで虜にする鼎泰豐マジ恐るべし。食べながら明日の段取りを意識合わせする。ビールを飲もうと思ったらTigerが12ドル50セントもするのでみんな断念。

 

その後、同じモールの中のスーパーでビールを各自調達して解散。結局飲むのである。

広告を非表示にする

カレクック

f:id:amaken1976:20180522011217j:image

という超人がいたことを思い出した。カレーを食べながら。

 

明日からしばらく出張なので粛々と準備。

広告を非表示にする

牛肉確保

先週デリーに行った時、同じようにデリーに来ていたYさんがローカル新聞の記事を見せてくれた。それによると、インド人民党はカルナータカ州の選挙で勝ったものの、過半数を占めるには到底至らなかったらしい。そういうわけで牛肉や酒が禁止という事態にはまずならなそうである。良かった良かった。外国人はみんな胸を撫で下ろしていることだろう。そして僕も胸を撫で下ろしてDistrict 6でビールを飲んだ。つまりネタ切れである。

広告を非表示にする

Sankey Tank 散歩

いつもマンションの周りを走るのはいいかげん飽き飽きしてきたので、マンションの外に出てみた。およそ3kmほど走ると、Sankey Tankという、貯水池を兼ねた公園に着く。

 

f:id:amaken1976:20180520005934j:image

f:id:amaken1976:20180520005943j:image

写真だと閑散としているように見えるが、実際には老若男女で溢れている。みんな散歩したりジョギングしたり、ベンチに座っていたり、様々である。中には芝生に座ってスマホで大音量を流しながら映画を観ている若者もいたが、なんでよりによってこんなところで映画を観るのか謎である。

 

残念ながら途中で行き止まりになっているのでぐるりと一周はできないのだが、走れる部分を測ってみるとおよそ1.5kmほどだった。行き止まり部分が繋がればおそらく1.8kmから2kmジャストぐらいになるだろう。繋がらないと思うが。

 

f:id:amaken1976:20180520010243j:image

こういう運動器具が置いてあるエリアを2ヶ所見つけた。僕は懸垂をしたかったのだが、残念なことにそれは見当たらず。惜しい。

 

この公園は早朝と夕方しか開かないので、今日は夕方に訪れたのだが、帰る頃にはとっぷり日が暮れてしまい、帰り道(3kmぐらい)は犬や牛のウンコを踏んだり地面の穴に落ちたりしないかとちょっとヒヤヒヤした。

広告を非表示にする

飲んだ帰り、ふらふらと歩いていたら曲がり角を曲がった瞬間にグニャっとしたものを踏みつけてしまい、あっ!と思ったのとほぼ同時にキャヒンッ!という叫び声が聞こえた。犬だった。結構大きなやつだったが、ヒー助けて!という感じで小走りに歩き去っていったのを見て本当に申し訳なく思った。あと、人間は自分が何かやらかしたと思ったらとっさに母語で「あっゴメン!」というのだと知った。自分だけか。

広告を非表示にする