Indigo地獄

f:id:amaken1976:20200219035604j:plain

チェンナイは常にチェンナイ。

04:30に家を出て、06:50のAir Asia便でチェンナイに向かった。この行きの便は良かった。遅延がないどころか予定より20分ぐらい早めに搭乗が始まったほど早かった。良いことなのかどうか分からないが、僕は基本早めにゲートに来て待つタイプだったので問題なし。行きは良かったんです。行きは。

 

チェンナイではパートナー社のオフィスで東南アジアから訪問されているお客様と打ち合わせを行い、僕のセッションは守備良く終わった。つつがなく。ツツガムシ。ツツガムシというと子供の頃に読んだ水木しげるの妖怪大百科に妖怪として紹介されていたので、ずっとそういう架空の存在だと思っていたのだが、実在するんですな。

 

パートナー社の人がお客様と僕らを昼食に案内してくれた。パートナー社から車で10分ほどの最寄りに、バンガロールにもあるPhoenix Marketcityというショッピングモールがあって、その中にある南インド料理のレストランが昼食会場となった。

f:id:amaken1976:20200219035927j:plain

うーん広い。

 

f:id:amaken1976:20200219035936j:plain

広いなぁ。

 

f:id:amaken1976:20200219040053j:plain

f:id:amaken1976:20200219040103j:plain

f:id:amaken1976:20200219040113j:plain

f:id:amaken1976:20200219040123j:plain

チェンナイが海沿いでシーフードの特産地ということもあり、魚を使った料理が多かった。僕は海鮮モノが苦手なので普段は積極的には食べないのだが、ここの魚料理は良く火が通っていてスパイスも効いており美味であった。ただし、何やら魚肉を崩して米と混ぜ込んだような物が出てきて、何かと店員に訊くと「シャークだ」と言われたその料理だけは、なんとなく気が進まなくて挑戦しなかった。

 

その後、パートナー社に戻り全員で意見交換等をしながら、僕は17:30に退席して空港に向かった。

 

ここからが酷かった。

 

空港のボディチェックで、靴を履いたまま磁気ゲートを潜ったら「戻って脱げ」と言われた。これ、パキスタンとの間で緊張が高まった一時期にはバンガロールでも割と厳密に行われたのだが、その後緊張が緩和してからは不要になった。ところが、チェンナイとかムンバイでは今でもこうやって脱げと言われることがある。しかも言われないこともたまにあったりするので訳がわからない。こういうのって普通は国全体で統一方針のもとに行われると思うんだが、もしかして州ごとに基準が違うのか。いや、最初から脱いでおけば済むだけの話なのだが、どこの馬の骨が牛や犬のうんこを踏んだ靴で歩き回ったかもしれない床を靴下履いて歩き回るのが、どうも生理的に嫌だ。

 

19:35のIndigo便でバンガロールに戻る…というわけで、ゲートも定刻通りに開き、これはきっと順調に帰れるなと喜んでいたら、飛行機の手前まで来たところでバスが停止してしまい、ドアを開ける気配もない。10分ほど経って車内がざわついてきた頃、運転手からアナウンスがあって、どうも飛行機の機体に何か問題が見つかったらしく、その対応のためにさらにもう10分ほど待ってくださいとのことだった。ちょっとだけうんざりだが、まあ10分待つぐらいならいいだろうとこの時は思っていた。

しかしその後、予告を超えて20分ほど待たされたところでバスが出し抜けに動き出し、なんと空港の到着出口側に向かって進み始めた。思わず隣に立っていたサリーのおばちゃんと顔を見合わせてしまう。僕も含めてきっとバスの中の皆がうっすら予感していたことだと思うが、おそらくあの飛行機は簡単には直せない状態だったんだろう。バスが出口に着いたところで、Indigoの職員らしき人物が「別のフライトに振り替えます」と説明してくれた。あぁ、やっぱりな。みんなやれやれという顔をしているが、この時点では文句を言う者は誰もおらず、黙って先導者に付いて歩いていた。

 

f:id:amaken1976:20200219041627j:plain

黙々と歩く人々。

 

その後、到着ロビーの端にあるエレベーターから出発ロビー側に向かう。向かうと言ってもエレベーターは2基しかなく、それぞれ同時に15人ほどしか乗れない。飛行機はほぼ満員だったので、けっきょく何往復ぶんも待たされるハメになった。そして、2階に着いたら着いたで、エレベーターを出たすぐのところがビニールのロープで狭めに仕切られており、次から次へとエレベーターから出てくる客ですぐに満杯になってしまった。このあたりでさすがにインド人達の怒りが頂点に達したらしく、強い不満の声が上り始めた。どこかから戻ってきた先導者が手元の書類をガードマンと眺めながらあれこれ話しているところに、「お前、そうやって時間稼ぎしてるけど、本当は何もしていないんだろ」などと、傍で聞いているとつい笑っちゃうようなイチャモンを付ける客まで出てきた。

最終的に仕切りロープが外されてまた先導者に付いていくことになったのだが、行き先はIndigoのチェックインカウンターだった。つまり、搭乗券の再発行ということだ。そして、先導者が「ボディチェックを通ってまたゲートに起こしください」と宣言した。これにはさすがにキレる人が続出し「さっきちゃんとチェックされたのに、なんでまたやらされるんだ」「お前たち(Indigo)のせいであちこち歩いているだけなのに、俺がどこかから武器を手に入れたというのか」と、ごもっともなクレームを叫ぶ人たちがいて、それはそれで全くその通りだと思うのだが、僕の方はまたうんこ床の上を靴下で歩かなければいけないのかと思って心底鬱だった。

 

ボディチェックをくぐり抜けてゲートに到達すると、ゲートにいる案内員のお姉ちゃん達やお兄ちゃん達の周りにおっさん達が群がって「お前ら、本当に非効率だな」「なにか埋め合わせはあるんだろうな」と詰め寄っていた。疲れた頭でその光景を眺めながら、あぁインドだなぁとしみじみ思った。

 

f:id:amaken1976:20200219042013j:plain

 

搭乗案内も手書きになっていた。なんとなく侘しい。

 

f:id:amaken1976:20200219042117j:plain

 

そして、お詫びの印的なものをもらった。まあ、中身は想像つくんですが。

 

f:id:amaken1976:20200219042107j:plain

やっぱな。

お菓子と小さい水ボトルの詰め合わせだった。見ているだけで口の中の水分が根こそぎ持っていかれそうである。こんなんで埋め合わせしようとは良い根性してるな。Indigo、今日のお前はイケてないよ。僕の中で今日はIndigo株が大暴落のストップ安状態である。

 

けっきょく家に着いたら23:30だった。本来だったら21:30には着いていたはずなのだ。2時間遅延か。顔が超脂ぎってるうえに頭がかゆいので風呂に入って寝ます。

チェンナイ出張

明日18日、チェンナイでお客様と打ち合わせがある。それは良いとして、本当はボスと同僚が行き、僕はバンガロールで留守番するはずだったのだが、ボスが日曜日から風邪でダウンし、同僚は何やら腫れ物がこめかみに生じて医者に手術による摘出を勧められたとのことで明日から手術と1週間の自宅安静ということになり、急遽僕が行く羽目になった。

そういうわけでいま必死に資料を作ったり打ち合わせの段取りを考えている。すっかり風邪から回復して久しぶりに書いた日記がこんな内容になるとは、なんてこった。

それにしても今は風邪が流行っているようで、周囲の人もバタバタ倒れている。っていうかインドっていつもこんな感じだな…。ローカルスタッフに訊くといつも「季節の変わり目はうんたらかんたら」と言うのだが、インドって何回季節の変わり目があるのかと問い詰めたい。

喉痛ぇ

もう先週からずっと風邪ひきっぱなしである。熱とかダルいとかそういうのはもう過ぎ去ったのだが、何しろ喉の痛みがずっと続いていて、咳も絶えない。相棒にはイソジンをしろと厳命されているので頑張ってやっているのだが、一向に良くならない。職場のSさんも同じ症状であるらしく、先々週だか先々々週ぐらいに風邪でダウンしていた気がするが、それ以来今も咳が止まらないらしい。周りのローカルスタッフ達もバタバタ倒れるし保育園の先生も倒れたりしていて、とにかく風邪が蔓延しまくっている。コロナ騒ぎもあって時期的にとてもタイムリーなのだが、もちろんコロナではなさそうである。コロナ発生したらたぶん職場閉鎖だな。それはそれでちょっと嬉しいかもと一瞬思ったが、普通に在宅勤務ができる労働環境なのであまり意味がなかった。

 

日本語のニュース記事だけ読んでいるとなんとなく隣人にして発生地らしい中国のことや我が国日本の話ぐらいしか見かけないのだが、インドに上陸しているだけあってもちろんほぼ世界中に蔓延しているようである。

 

gisanddata.maps.arcgis.com

 

今この日記を書いている2020年2月7日午後11:22 IST 時点では、おおよそ中国と同じ緯度線上に広まっており、そこから外れた場所として北欧・オーストラリア・ロシアでも確認されたという感じだろうか。なにしろ中国での蔓延度が凄い。文字通りぶっちぎりである。アフリカや南米は今のところ確認されていないようだが、今でも便数は減っているとはいえ世界的に飛行機が飛んで人の移動が発生しているのだから、遠からず上陸してくるだろう。恐ろしや。

風邪

先週の日曜日ぐらいからだろうか、長女が風邪で高熱を発してしまい、相棒も鼻と喉が痛いという状況になった。それを尻目に僕は食中毒から回復しつつあったので余裕で構えていたのだが、火曜日の午前中ぐらいから急に僕も鼻の奥が痛くなり、ついで午後には強烈な熱の気配と悪寒がやってきた。こりゃあかんということで午後4時ぐらいに早退。家に着いた時には熱を測る元気もなくすぐに寝た。長女も同じベッドで寝ていた。親子そろってダウンか。

 

なお、職場では他にも風邪でダウンした人がローカルスタッフ含めて何人もおり、みんなで「コロナだ」「誰か中国行ったか〜」などとジョークを言い合っている。まあ、みんなそういうこと思うよね。早退した時に会社の受付でYさんと会ったのだが、彼も体調が悪く、しかもご家族も被弾したらしい。また、月曜日にはSさんがお休みしていたのだが、彼も同じ症状であったとのことで、どうやら蔓延しているようだ。恐ろしや。

 

夜に目覚めると、悪寒は無くなっていたが熱が辛い。脇の下で測ってみたら38.5℃だった。うーん風邪だなぁ。夫婦揃って「コロナだ」なんてことを言いながら、歯を磨いて水を飲んで寝た。そして今朝、熱を測ってみたら36.6℃だった。ひとまず平熱になったので、厳重にマスクして会社に行くことにした。汗をダラダラかけばいちおう一晩で落ち着いてくるので「俺もまだ若いなフフ」とか勝手に思っている。

 

ひとつライフハックを紹介します。

 

接触型体温計で体温を測るとしてですね。

 

f:id:amaken1976:20200129103905j:image

37.2℃。あら低い。僕は平熱が低いので37.2℃でもそれなりに辛いのだが、それにしても低いな。この時はけっこう汗をかいていたので、その影響もあるのかもしれないが、つまり、どういうわけか額の正面で測ると低い温度が出てくるのである。

 

では次。
f:id:amaken1976:20200129103902j:image

M字のシャープな食い込み部分に非接触型体温計をブチ込んで測ってみると、38℃と出てくる。上記の写真だとまるで皮膚にぴったりくっつけているように見えるが、あくまでも非接触です。

原理はよく分からないが、周辺の髪の毛の影響で体温が発散せずにこもっているじゃないだろうかと思う。

 

つまりですね。あーダルいわ〜今日会社休みてぇな、でもこんな体温じゃなんだかサボってるみたいで罪悪感あるな〜、と思っていて、かつご自宅に非接触型体温計がある人は、M字の食い込みあたりを非接触体温計で測ると、いい具合に高い体温が出てきて、晴れ晴れとした気持ちでお休みできます。

 

という豆知識。

たぶん回復方向

朝起きたら胃が驚くほど軽い。絶食を続けたから胃が休まったんだろうか。炊いてあった米に水を足してお粥を作って食べた。岩塩を二つまみぐらい振って食べたら、本当に食道と胃が震えるほど美味しかった。塩ってうまいなぁ。

 

仕事中にゲリモラス状態になったらすげぇ嫌だなと思ってビクビクしていたのだが、特に何も無かった。念のため昼食は抜いて売店のアイスだけを食べた。

 

っていうかお粥が美味しいんですホント。飽きるまでずっとお粥で通してみようかと思ってる。

ピーピー

熱でダルいとか節々が痛いとかそういうのはぜんぜん無いのだが、なにしろ胃が気持ち悪くて、ちょっと固いものを食べるとゲロってしまう。さらに下痢も酷くて、水や白湯を飲むと10分後ぐらいにシャーシャーと出てしまう。いい具合に腸内洗浄になってスッキリするかと期待しているんだが、胃が気持ち悪いからスッキリ感が全然ない。

あまりに腹が減るのでお粥ぐらいならイケるかもと思ったりもするのだが、水さえ出てしまうような状況だから良くないだろう。自分でもどんな判断なのか分からないが、とりあえずアイスを食べてみた。これは大丈夫だった。いったい何がどうなってるんだ。

腕立て伏せとか逆立ちとかをしてみたら普通にできた。つまり胃腸以外は本当に問題なさそうである。どうしたもんか。とりあえずヤクルトを飲む。これでうまく痩せてくれたら最高なんだが、体重を測ったら一昨日ぐらいから微動だにしてない。なぜだ。