クレジットカード

Mさんがクレジットカードを作るためにCitibankのエージェントを会社に呼んだとのことで、「どうせなら君も作る?」ということで一緒に手続きさせてもらった。日常的なことはデビットカードでだいたい事足りるのだが、ホテルに泊まるとか飛行機のチケットを取るような時は、やはりクレジットカードの方が便利というか安全ではある。日本で作ったクレジットカードだと決済時に円建てにするかルピー建てにするか訊かれたりして面倒だし。

 

が、11時に会社に来るはずのエージェントから10:30頃にメールが来て「会議が入ってしまい長引いたので到着が11:45になります」と言われた。インド生活3年目が終わろうとしていて大抵のカルチャーギャップには慣れたつもりだが、このへんの感覚というか神経は未だによく分からない。そもそも客先に行く前にそんな会議入れるなよってのもあるが、そんな理由をこれから会う客にストレートに言うものだろうか。正直でよろしいのかもしれんが、せめて予期せぬ事情だとか交通事情とかいう風にボカせよ、と。自分の脇の下あたりから獣臭と共にドス黒い不機嫌オーラが漂ってくるのが分かった。

 

で、そのエージェントは結局12時頃に現れたのだが、必須だと事前に言われたので頑張って準備した給与明細3ヶ月分の書類を「不要です」とバッサリ斬って捨てられたり、逆に事前にまったく何も言われてなかった「運転免許証」を見せろと要求されて困惑したりした。「我々インド人ではないから運転免許なんて持ってないですよ」と伝えると、「いや、日本のでいいから」という。なんでも日本の居住地の証明書が欲しいらしい。「パスポートの背表紙裏じゃダメか?」と訊くと、そこは手書きだからダメらしい。そんなこと急に言われてもな。

Mさんはどうにか財布の奥から免許証を発掘してきたが、僕は持ってない。どうしようかと思案していた時に、まったくたまたま日本の戸籍謄本を持っていることを思い出した。「Family Registerじゃダメ?」と訊いたら、意外な提案だったらしくエージェントにはちょっと困った表情をされたが、「とりあえず写しをください。本部の意見を伺ってみる」となったので、コピーをとって渡した。なお、Mさんの場合も僕の場合も、その内容を英訳しろと言われた。おかげでエージェントがシコシコと書類を作成している間に必死で翻訳することになった。

 

いちおう手続きが完了してエージェントが退去してから「こっちでクレカ作る日本人がほとんどいないのはコレが理由だな」ということでMさんと意見が一致した。こんなしち面倒臭いことになったら、大抵の人はギブアップして投げ出すだろう。

氣が尽きた日曜日

昨日はシンガポールを9:30頃に出発してインド時間の11時半頃にバンガロールに戻り、疲れ切っていたので午後は家族でひたすら寝倒した。日本はまだ寒いのにバンガロールは一転して日本の真夏の陽気なので、家族にはことのほか堪えたらしい。あと、めちゃくちゃ乾燥してるという意見もあった。普段住んでいると忘れがちだが、バンガロールはかなり湿度が低いのだ。なるほどなぁである。

 

f:id:amaken1976:20190318182103j:image

Silk Airの機内販売誌の化粧品コーナーを見ていて思ったのだが、日本語部分って日本語にする意味ありますかね。まあ、東南アジア系の航空会社の機内販売誌はみんなそうだけど。

 

シンガポールへ

今回は私用で土日にシンガポールへ行く。相棒が日本から帰ってくるので、シンガポールまでで迎えに行くのである。時間も限られているので、空港内のトランジットホテルに一泊予定である。

 

f:id:amaken1976:20190316160555p:image

が、出発前に早くもケチがつく。まず、チェックイン時に何やら問題が発生したらしく、「座って待っててくれ」と言われた。結局そこから30分ぐらい経過しても何も起こらず(僕は辛抱強く待つタイプである)、痺れを切らして事情を訊きに窓口に行くと、そこの口ヒゲが「イミグレに確認中です」とよく分からないことを言う。「とても混乱している。数週間前にもシンガポールに行って、その時はまったく問題なかったのに、今回は何がダメなんだ?」と強めに言ったら、なんでも僕の帰りのフライト情報がシステム上に見つからず、インドに帰国する予定が確認できないので、そういう状態で国外に出して良いのか確認中だという。そんなバカな話はない。外国に一方通行で帰国する人だっているはずだし、そもそも僕は往復チケットを取っていてウェブチェックインも往復分を済ませてある。旅程表を見せても口ヒゲはモゴモゴしており、どこかに電話し始めた。すると、ビシッと髪を撫で付けて背広で固めた長身年配のボスっぽいオーラを発する紳士が現れ、これ以上ないしかめっ面で「申し訳ございません」と丁寧に謝りながら、口ヒゲと何かやり取りをしつつ、端末画面を見せてみろ的な指示を出していた。そしてすぐに「ああしろ、こうしろ」的な指示を出して、すぐにチケットが出てきた。一件落着だが、従業員のトレーニングはもうちょっとしっかりやるべきだと思う。Silk Airは反省してほしい。

で、どうにかこうにかイミグレを通って空港内に入ったのだが、11:35搭乗開始・11:55発のはずが12:00搭乗開始に遅延し、そのままずっと動きなし。結局13:10に搭乗開始となった。出発は13:40ごろ。1時間40分も遅れてしまった。

 

f:id:amaken1976:20190316233051j:image

f:id:amaken1976:20190316233059j:image

チャンギについてさっそく焼豚ライスを食べる。世界一旨いなぁ。

 

f:id:amaken1976:20190316233055j:image

本当はアイス・カチャンも食べたかったのだが、夜だったためかもう売ってなかった。

 

f:id:amaken1976:20190316233323j:image

f:id:amaken1976:20190316233327j:image

ターミナル1のホテルにチェックイン。シンガポールらしく清潔潔癖の極みだが、知っていたとは言えトイレシャワーは部屋の外で共用である。チェックインして部屋に入ったらすぐ全裸になってウンコしたかったのだが、それは許されない。

 

明日朝5時に迎えに出るのでもう寝る。

 

 

と言いつつまた腹が減ったので夕食第2ラウンドに出発した。

f:id:amaken1976:20190316235114j:image

太陽系一旨いなぁ、チキンヌードル。

シャングリラホテルのCaprese

f:id:amaken1976:20190316044837j:image

 

たまには贅沢な昼メシもいいんじゃない?ということで、MさんといっしょにシャングリラホテルのCapreseという地中海料理屋に言った。これがですね、たまたま今日だけのメニューなのかいつもの定番なのか分からないけれど、超美味しかったのですよ。マジで美味いの。マジウマ、馬路村ですよ。前菜のサラダや写真右側のカボチャスープもいいのだが、何と言ってもメインのこの鶏肉。外側は香ばしく焼いてあって、中は実にジューシーで旨味が濃く、噛むとジュワっと肉汁が出てくる。英語でいう「succulent」というのはまさにコレだなと思う。バルサミコ酢を煮詰めて塩味を強く効かせたソースの味付けも絶品である。簡単そうなので自分でも作れるかもしれない。これだけ美味しくてボリュームもあり、さらに飲み物(ノンアルコールだが)と少量のデザートが付いて、一人1000ルピーなのである。

職場からそこそこ離れているので頻繁には来れないが、喧嘩して家庭内が険悪になった時の手打ちの儀式に良いかも、とちょっと思った。

計画停電

f:id:amaken1976:20190315102941j:image

会社からの帰り、こんな張り紙がマンションのエレベーターに貼ってあった。マンション敷地内にある変電設備の保守点検のため15日と16日の午前9時から午後6時まで計画停電する、ということらしい。結構な長時間だが本当にこの時間帯はずっと停電し続けるのだろうか。冷蔵庫の中身が心配だ。といっても如何ともしがたいのだが。うーむ。

KYC

f:id:amaken1976:20190314020228p:image

 

Paytm様が何やら怖いことを言ってきた。KYCとは要するに顧客の身元確認みたいなものだけれど、これをやらずに放置してたらどうなるんだろう。なお、画面最下部にある「Complete Full KYC Now」というボタンを押しても何も起きない。しょぼん。

 

軍荼利明王

日中はとにかく暑い。デリーから出張してきたMRさんが、こちらの執務室に入ってくるなり「バンガロール暑いですねぇ」と言った。まだ日本で言えば春になるかどうかというレベルの気温のデリーから来たら、そう思うでしょうな。

 

f:id:amaken1976:20190313015634j:image

 

インド人は、スイス人や日本人の同年代の人と比べて老けが早くて、年齢から来る健康問題もスイス人や日本人たちと比べてかなり早く罹患する人が多いらしい。まあ、炭水化物と脂肪分たっぷりの食生活に加えて運動量が少ないので、そういうこともあるだろう。こっちに来て早い段階で気付いたのだが、若い人でも白髪が多いし、顔にシワが多い。30代そこそこなのに髪にもヒゲにも白髪が目立って多い人がいっぱいいる。「インド人は日本人と比べて老けて見える」というのは、ヒゲや(日本人と比べて)濃い風貌とかももちろんあるんだろうが、こういった白髪やシワの多さも要因だと思った。

 

インド人の話もそうなのだが、冒頭に出てくる「『平均的な』65歳の人間が罹患する年齢由来の健康問題について、スイス人と日本人が76歳で掛かるところを、パプアニューギニア人は46歳で掛かる」という話が面白かった。「平均的」の妥当性はさて置き、パプアニューギニアというとWikipediaの記事や、中学生の頃に読んだ「ニューギニア高地人」のイメージしかなくて、彼らにどういう健康問題があるのかいまいちイメージしづらいのだが、この「ニューギニア高地人」には、ジャングルの中で生活する石器時代文化の人たちのことなので一般化はできないものの、毎日本当にイモばかり食べているせいでお腹がポコンと出ているという報告がある(日本人の筆者たちはそのせいで激しい腹痛と下痢に見舞われて現地の食事を早々にギブアップ)ので、彼らも栄養的に偏った食生活を送っているということなんだろうか。

 

あと、この本へのリンクのためにAmazonを検索してたら超スパルタンな仁王像とか四天王像とか阿修羅像のフィギュアがオススメに出てきたのだが:

 

f:id:amaken1976:20190313022519p:plain

 

これは新手の宗教勧誘だろうか。いや、Youtubeで「女神転生」を検索しまくったからか。でも超格好いいので欲しくなった。日本人のこのセンスでシヴァ神とかヴィシュヌ神とかハヌマーンとかのフィギュアを作ってインドで売ったら中間層以上やIIT・IIScの日本のアニメ・漫画好き連中にバカ売れしそうな気がする。