You Mee行きました

f:id:amaken1976:20190716030759j:image

 

行った。

 

 

f:id:amaken1976:20190716030802j:image

f:id:amaken1976:20190716030807j:image

 

店内の壁全体が、料理系の漫画から無断でパクった(←想像)壁紙で飾られていた。クッキングパパ美味しんぼだけ分かったけれど、あとは全然知らない漫画ばかりである。であるといっても単に僕が知らないだけで、世間的には知名度は高いのかもしれない。そういえば30半ばを過ぎたあたりからほとんど漫画読まなくなったなぁ。昔は少年ジャンプとか毎週しゃぶりつくように読んでいたのに。しみじみ。

 

f:id:amaken1976:20190716030826j:image

レモンソースをかけた鶏唐。これは文句なく美味しかった。しかしこの肉の底に超辛い焼き飯が敷き詰められているという謎の取り合わせ。単に唐揚げだけでいいのに。

 

f:id:amaken1976:20190716030836j:image

これは相棒が頼んだ担々麺である。担々麺というのは名前だけで、ピリ辛の挽肉もなにもなく、中華風の味付けのチャーシューが入っているばかりであった。味もパクチーなどの香草が効いていて、どう頑張っても担々麺を想像できない。品名を知らされずに目隠しして喰ったら、これが担々麺だとは夢にも思うまい。ただし、アジア風の味付けのラーメンもどきと思って食べれば悪くはない。僕がパクチー好きという話もあるのだが。

19:30ごろだったろうか、退社したMさんがお一人で店に入ってこられたので、同じ席で会食した。

これら以外にも餃子やパッタイを頼んだりした。パッタイはチリソースが効いていて猛烈に辛く、汗で顔がベロベロになった。

 

あまりあれこれ書いても仕方ないので結論を述べると、播磨や祭や更紗のような本職の和食レストランとは比較すべきではないだろう。たとえばMainland Chinaの中華料理がいわゆる「インディアン・チャイニーズ」であって、本当の中国人が食べたらきっと「あ〜あ」と思う(であろう)のと同じように、日本人がガチな和食を期待してYou Meeで食べたら「嗚呼」と嘆息したくなる、そんな味である。しかし、インディアン・ジャパニーズだと思って食べれば、決して悪いものではない。

 

酒は扱っていなかった。といっても出すつもりはあるらしく、単にライセンス取得の手続きが済んでいないということで、要するに時間の問題であるらしい。

 

最大の欠点は、普段から足繁く通うには値段が高いことだろうか。隣のBeer CafeやNando'sと比べると明らかに割高に感じる。僕はそこまで和食が恋しい人間でもないので、今のところビール優先でBeer Cafeに行く公算のほうが高い。

 

まあ、僕の中で勝手にハードルが上がっていただけであって、公平に見ればどの料理もちゃんと美味しいのだから、なんとか1年ぐらい生き残れたなら、酒も用意されるようになるだろうし、メニューや味もこなれて、いろいろと改善するだろう。

5Gの値段

先週はいろいろテンパっていたこともあって全然運動できていなかったので、朝8時ごろにジムに行ってきた。こんな時間でもちゃんと客は居た。

 

ひと汗かいてからWorld Cafeでサンドイッチの朝食を食べて、ついでに新聞を読んだ。

 

f:id:amaken1976:20190714014614j:image

 

インドの通信業者もみんな5G移行の準備を進めているわけだが、帯域を購入したあとの返済に16年の猶予があるらしい。16年か。今年生まれた子供が中学3年生になるような未来まで支払いを続けるのかと思うと、他人事ながらうんざりする。もちろん、通信業者側からすれば長期間に分割払いできたほうが毎年の負担が少なくて嬉しいのだろうが、そうは言ってもそもそもそんな長期間の支払い猶予をもらわないと駄目なぐらい帯域料が高いということなわけで、日本だとこのへんはどうなっているんだろう。

対ニュージーランド戦2

ちょうど3時のおやつの時間あたりから、例によって職場の窓の外が異様に騒がしくなった。ああ、雨天中断になったニュージーランド戦が再開したんだなとすぐに分かった。が、何時頃かは忘れたが、夕食時ぐらいの、思ったよりも早い時刻に一気に静かになってしまった。あ、これは負けたんだなと思って家に帰ってから調べてみた。

 

www.business-standard.com

 

やっぱり負けたんだ。残念。でも割と接戦な気がする。

対ニュージーランド戦

昼過ぎの2時頃だったろうか。職場の窓の外からウオォォ〜!!という歓声が聞こえてきた。窓から眺めてみると、例のオリオンモール前の広場に設置されているテレビに黒山の人だかりができていた。あークリケットかと思って同僚に訪ねたら「今日はニュージーランド戦だな。今日は準決勝だからみんなヒートアップしているんだ」という。そう思って眺め直してみると、今日は手に旗らしきものを持って煽りまくってる人もいる。確かに普段とは熱の入り方が違う。そうやって事情を知ってしまうと、聞こえてくる歓声も普段の単なる熱狂した大声とは違って、地の底をから湧き上がってくるような力強さを感じる。

 

…が、雨が降って中断になってしまったらしい。残念。

ムンバイ

f:id:amaken1976:20190709020251j:image

空港から出たあたりが水没しかけてた。であるにも関わらず、こういう日に限って飛行機は予定通りに飛び、着いた。不思議なものである。

帰りは小雨程度にまで雨足が弱まっていて、密かに恐れていた「大雨洪水で出張先のお客のオフィスにカンヅメ」という状況は避けられた。であるにも関わらず、飛行機は出発が40分遅れた。解せない。