豚肉

以前,肉を買いに行こうとして結局果たせなかったということがあった。あの時以来,なんとかもうちょっとまともに肉を買いたいと思っていたのだけれど,いろいろ調べた結果,バンガロール一番の大通りであるMGロード沿い,それもメトロのMGロードから数百メートルほど歩いたところにBangalore Ham Shopという店があることを知った。これならメトロで片道40分ほどで行けるし,帰りもメトロなので炎天下とか排気ガスにも悩まされることもなさそうだ。

 

そういうわけで行ってみた。

 

思いのほかこじんまりとした店だけれど,そこそこ人の出入りが多くて繁盛しているように見える。インド人の若いカップルなんかも入ってきて,疲れてぐったりしている彼氏だか旦那だかを尻目に相方の女の人がベーコンとかポークリブ(肋骨のところ)を頼んでいた。メニューをチェックすると,Pork Belly(豚バラ)というのがあったので,これはチャーシューを作るのに使えそうだということで500g注文した。そうしたら,店の奥の方でややくぼみのある大きなマナ板に,例によって巨大な豚肉を載せて,武器になりそうなごついナタでバンバン叩いて肉を切り出し,秤に載せて重さを測ってからビニール袋に入れていた。ついでに何か買おうかと思ってメニューを見ていたら,Pork Slice (Korean)というものが見つかった。なんとなく韓国料理でブルゴギとかに使う薄切り肉なんじゃないかと想像して5枚くださいと頼んだら「500g単位なんだ」と言われた。うーむ,正体不明なのに500gか…と少し躊躇したけれど,こちらの韓国料理のレストランは基本的に美味しいので,それを信じて500g買ってみることにした。すると,レジ手前の冷凍庫からパックされた豚肉スライスの袋を出してきた。500g単位ですでに袋詰にされて冷凍されているのだ。これを見ると大当たりで,ベーコンぐらいの大きさの豚バラ肉がぎっしり詰まっていた。これなら生姜焼きとかに使えるだろう。

豚バラも500gなので,合わせて1kgの豚肉を買った。値段は400ルピーで,700円しないのだ。安いなーそれにしても。ウキウキしながらメトロに乗って家に向かった。

 

f:id:amaken1976:20170925013033j:image

そうして買ってきたものがこれ。右側が豚バラ薄切りで,左側が豚バラの塊肉。この塊肉を手にとってよく眺めてみると,脂肪の部分が皮付きだった。この皮の表面をよく見ると毛穴がいっぱい見える。なんとなく(デブい色白オッサンの背中の皮はこんな感じだろうか…)と気持ち悪いことを考えてしまった。この皮は美味しいらしいけれど,やっぱりどうにも気持ち悪いので,もったいないと思いつつ取り除くことにした。脂身と一体化しているので脂身ごとごっそり取れてしまい,ちょっと哀しかった。チャーシューは脂身が美味しいのに。

 

その後,まずチャーシューを仕込み,超弱火でとろとろと煮込んでいる間に生姜焼きを作った。

f:id:amaken1976:20170925013044j:plain

 

醤油がちょっと多すぎて焦げが多くなってしまったけれど,味はおいしいんですよ,いやホント。あえて改善ポイントを挙げるとしたら,生姜をケチらずにもうちょっと多くすべきだったことか。

キャベツはザワークラウトで,キュウリは自分で漬けた漬物。ニンジンは生のやつをそのままスティックにしたもの。 これだけ野菜があればとりあえず充分だろう。味は素朴な生姜焼きで充分満足です。特に臭いということもないし,あの安さでこの質の豚肉が食べられるなら100点満点だろう。むしろ日本に入ってきている添加物とか成長ホルモン山盛りの外国産豚肉なんかより,ここの素朴な牧場で育てたような豚肉のほうが健全かもしれない。

 

煮込んでいるチャーシューは,今後数日掛けてじっくり熟成させてから食べる予定。

広告を非表示にする

投資をしませんかとインドの銀行から声をかけられた話

こないだ保養休暇で帰ってから,毎日の食事の内容を記録していないことに気づいた。しくじったな。しかしもはや昨日何食ったかも思い出せないほどボケているので,いまさら思い出して追記することもできない。そういうわけでもうこのまま行きます。

 

さて,面白いことがあったので,今後インドや諸外国に赴任する・今すでにしている人の参考になるかもと思い,ひとつ書いてみる。

 

昨日金曜日,職場のインド人たちもほとんど帰宅して,こちらもそろそろ帰るかというムードになってきたとき,電話が掛かってきた。出てみると僕のインドでの口座を管理している銀行の「Customer Relation部門」と名乗る部署からの人で,「近いうちに,預金を日本に送金する計画はありますか?」と訊いてきたので「いや,その予定はない」と答えると,「では,ひとつ運用してみませんか?」と話を持ちかけてきた。なるほど,そう来たか。

ちょっと思案したが,もともとお金を使うあてもないので,生活にインパクトがない範囲で投資してみるのも手だなと思った。念のためやってもよいかどうかボスに訊いてみると,別に会社として禁止していることはなく,日本の場合と同様で個人の自己責任の範疇であるという。なお,以前こちらに赴任していたMさんという人も,こちらに滞在中にやっていたという実績がある。ただし,Mさんは満期になるまえに帰国になってしまい,まあ日本に帰ってから手続きすればいいかと考えていたら,ビザが切れたその瞬間にインドの口座が凍結されてしまって日本に送金できなくなり,解除するのにずいぶん苦労したという。

そういう苦労談を踏まえつつ,明日つまり今日の昼12:30にエージェントと会ってみることにした。場所として,職場のビルの1階にある来訪者用の待合エリアを指定した。例によって交通事情で10分ぐらい遅れたものの,ほぼ定刻通りにエージェントは現れた。挨拶もそこそこに,さっそく詳しい話に移る。ざっくり説明を聞いた後で質疑応答。以下,Qは僕,Aがエージェントです。

 

Q:いつ帰国の辞令が出るか分からない。短期間で満期になる商品はあるか?

A:ある。そういう場合には半年満期の商品をお勧めする。満期を迎えたあとはいつでも現金化できるし,そのまま継続も可能。

 

Q:満期になる前に現金化したらどうなる?

A:この場合は0.5〜1%の手数料をいただく。

 

Q:たとえば100ルピーの貯蓄があるとして,そのうち50ルピーを投資を振り分けたとする。今後,また貯金が貯まっていくごとに,追加で10ルピーなり20ルピーなりを投資に振り分けていくことは可能か?

A:もちろん。ウェブからいつでも申請できる。別商品への配分変更もいつでもOK。

 

Q:ゲインが生じた場合,それを会社に申告して税務処理をしてもらう必要があるのだが,証明書等は発行してくれるか?

A:ウェブですぐに申請可能であるし,電話をくれれば私も対応する。

 

Q:運用成績や状況はオンラインで確認できる?

A:システムメンテナンスのタイミングを除けば24時間いつでも見れる。

 

…というわけで,日本ではこういう証券での投資はやったことないけれど,こうやって聞いていると確定拠出年金と基本的に同じだ。俄然やる気が出てくる。

 

次に,商品の説明をざっくりと聞く。「滞在期間の制約もあるので,リターンは低くても可能な限り安全なものにしましょう」ということで,インド政府発行の国債に絡むものを見せてくれた。当然ながら100%元本保証ではないけれど,それなりに財政に問題を抱えているとはいえ日本よりは健全なインド政府がいきなり潰れるような気遣いはないし,やや古いデータだけれどBRICsの中ではいちばん堅調だという話もあるので,ひとつこれでやってみることにした。念のため期待リターンを訊くといくつかデータを見せてくれて,どれも9%ぐらいだった。まじか。日本だといちばんハイリスク・ハイリターンな外国株式でさえ6.2%だというのに,インド最高。さすが,普通預金でも3%超の利率だけのことはあるな。ますますやる気が高まる。ついでにいちばんアグレッシブなのも見せてもらおうと思ったけれど,つい魔が差したら嫌なので止めた。

 

その後,いろんな書類を書いていく。ここは基本的にPANカード(インドでの納税者番号を書いたカード)とパスポート写真があれば良い。パスポート写真はだいぶ前に撮影したやつがあったので助かった。それにしても,銀行がらみだと山のように書類を書かされるのは日本もインドも同じだな。お金が絡むと厳重で慎重なのはどこも同じか。

 

ひとつ引っかかったポイントがあって,日本にも納税している場合,納税者番号(TIN:Tax Identification Number)を記入するように求められた。当然ながら年金のたぐいは今でも日本に納税しているので,記入要ということになる。しかし,納税者番号なんて知らない。ここは後で確認するということにしてその場は切り上げた。エージェントとがっちり握手を交わし,解散。気がついたら14:00を過ぎていた。

 

その後,ビールを呑みながら一連の出来事を振り返った。納税者番号については,たぶん今ならマイナンバーということになるんだろう。しかし,これは非居住者の場合は無効になっているし,そもそも他人に開示するわけにはいかない。このへんの事情を伝えて,「どうすれば良い?」と訊いてみることにした。これでどうしても必要だというのなら,ちょっと残念だけどこの話はご破算にしてしまえばいい。

 

さて,今後どうなるだろうか。

ディワリ前2

職場のインド人率が今日は妙に低いな…とボスが呟いた。言われてみればその通りで、ぱっと見で座席がスカスカになっている。なんだろうかと思っていたら、Hさん曰く、今日はお子さんの学校も休みであったとのこと。もうディワリ状態なんだろうか?まさかねぇ…。

 

f:id:amaken1976:20170923041006j:image

と思っていたら街がすっかり電飾だらけになっていた。綺麗で良いけど、それにしても気が早いな。なお、写真左側の電飾は昨日のミノムシです。

 

f:id:amaken1976:20170923041254j:image

マンション入り口で大音量の音楽を流しながらみんなが踊り狂っていた。良き哉。

広告を非表示にする

ディワリ前

ムンバイがまたもや大雨で洪水状態になっているらしい。実はもともと今週金曜日にムンバイに出張する予定だったけれど、相手の都合で数日前にキャンセルになっていたのだ。もし行っていたらと思うとゾッとする。

 

f:id:amaken1976:20170921025017j:image

ディワリの時期が近いので、街の一部ではすでに電飾が始まった。本番はまだ1ヶ月近く先なんだけど、それはそれとして、なかなか美しい。

広告を非表示にする

ご飯釜・自家製パン

f:id:amaken1976:20170920023430j:plain

KWSMさんが今月いっぱいで帰国なので身辺整理を始めており,「コンロでお米を焚く専用鍋があるんですけど,いりません?」と言われたので速攻で貰い受けることにした。いちおう今までは鍋で炊いていたけれど,それで鍋がひとつ専有されるので不便だったのだ。炊いたご飯のストックがあとひとつで終わるので,さっそく明日にでもこれで炊いてみることにしよう。

 

f:id:amaken1976:20170920023917j:plain

先日の帰国時にHさん向けに赤霧島をお土産に買っていったら,お返しにということで奥さまが焼いた自家製パンを分けてくれた。これが信じられないほど美味しくて,まずジップロックのような袋を開けた瞬間からふわっとしたパンの香りが漂ってきて腹が鳴る。そして実際に食べてみるとシェラトンホテルでもまず食べられないような柔らかくてもちもちした食感で,おもわず塊を2個も食べてしまった。インドには強力粉がないので,わざわざ日本から買ってきて使ったのだという。インドのパンがどうしようもなくマズいのはそのせいだったのか。ごちそうさまでした。

The Druid Garden

別の部署のKWSMさんが9月いっぱいで帰任されるということで,同じ部署の後継者Yさんにより歓送会が本日実施された。で,その会場がこちら。

 

f:id:amaken1976:20170919020752j:plain

f:id:amaken1976:20170919020823j:plain

f:id:amaken1976:20170919020847j:plain

f:id:amaken1976:20170919020910j:plain

びっくりするほどお洒落で洗練された店内に圧倒された。格好いい音楽が流れているけれど,会話を邪魔しない適度なボリュームなのが心憎い。

 

f:id:amaken1976:20170919020934j:plain

ここはいわゆる「マイクロブルワリー」でもあり,主にドイツ系のビールを出してくれる。この写真の上部にも醸造タンクの一部が写っているのが分かるだろうか。

 

f:id:amaken1976:20170919020955j:plain

巨大スクリーン。スポーツバーよろしくいろいろ中継していた。

 

f:id:amaken1976:20170919021303j:plain

何を食っても美味しい。といっても手前に写っているのはエビフライとかカラマリなので僕は一切ダメなものなのだが。

 

f:id:amaken1976:20170919021329j:plain

左奥のは生ハムとサラミのセット。セットと軽く書いたが,これがインドで食えるということに感激する。しかも美味い。

 

f:id:amaken1976:20170919021351j:plain

オリーブに衣をつけて揚げたもの。オリーブのフライなんて初めて食べたけれど,これがまた形容できない旨さ。

 

f:id:amaken1976:20170919021418j:plain

ビールの数々。黒くて濃いやつからドイツのヴァイツェン(白っぽいビール)まで,一通りのものが揃っている。美味い。さっきから美味いとしか書いてないけれど,実際に美味いのだからそう書くほかない。しかも安い。500mlで200ルピーとちょっと。400円しないのだ。日本で高い金を払って薄いビールを飲むのが馬鹿らしくなる。食事のメニューの多彩さ・ビールの品揃えの多さ・その安さを考えると,さんざんお世話になっていてアレだが,District 6を圧倒的に凌駕すると,憚ることなく認めてしまいたい。14人でしこたま飲み食いしたけれど,あとで幹事のYさんに訊くと,主賓を除いても一人1600ルピーぐらいだという。3000円しないぐらい。インドは苦労も多い一方でこういう素晴らしいこともある。

 

The Druid Garden。これはバンガロールに来た日本人に一度はお薦めしたい。

広告を非表示にする

ザワークラウト再び

朝からクズついた天気で、遠出しようかどうか迷っていたら、ジムに行っている間に盛大な土砂降りになってしまった。そういうわけで今日は遠出は諦め、近場のスーパーで買い物するだけにした。その後も断続的に土砂降りが続く。晴れそうでまったく晴れなくてスッキリしない。

 

で、さっそくザワークラウトの第二弾を仕込む。

f:id:amaken1976:20170918010739j:image

最近は涼しいので、仕上がるまでまるまる一週間か、あるいはもうちょいは掛かるだろうか。気長に待つことにする。