プーケット4日目

f:id:amaken1976:20171022010944j:image

f:id:amaken1976:20171022011001j:image

f:id:amaken1976:20171022011025j:image

f:id:amaken1976:20171022011040j:image

f:id:amaken1976:20171022011059j:image

今日も快晴。水は濁っていたことがつくづく残念。そのぶん魚が非常に多かった。帰りはのんびりと日光浴をして前面も背面もじっくり焼いた。こんなに気持ち良いのに日光浴のしすぎは皮膚の老化を早めるだとか皮膚ガンの原因になるだとか、世の中うまくいかないものねぇ。

 

夜は全員で街中心部のショッピングモールに繰り出す。モールっていうか、そこ自体が一つの街みたいに広大で豪華だった。これについては別記事で書く予定。

 

明日インドに戻る。現実に戻る時が来たのだ…。

広告を非表示にする

プーケット3日目

f:id:amaken1976:20171021003549j:image

f:id:amaken1976:20171021004327j:image

f:id:amaken1976:20171021004309j:image

f:id:amaken1976:20171021003605j:image

f:id:amaken1976:20171021003617j:image

本日も快晴。ボートの中で振舞われる朝食を食べながら、片道2時間以上掛けてスポットに向かう。しかし残念なことに水の透明度はイマイチだった。それでも、大きなウミガメやサメを目撃できて興奮した。サメは大きさ1.2m程度だったけど、一目で完全に肉食系の奴だと分かる形状をしているうえに、泳ぐスピードが他の魚たちと明らかに違う。しかも4匹ぐらいいたと思う。不思議と恐怖は感じなかったけど、これがあと30cmぐらい大きかったら引いてただろう。

 

f:id:amaken1976:20171021004608j:image

f:id:amaken1976:20171021004620j:image

 

すべて終わって宿に戻ってから、みんなで夕食に繰り出す。本日は「Two Chef」というステーキハウスで飽きるほど牛肉を喰らった。その後、またマッサージ屋に行ってホットオイルマッサージを受ける。これなら痛くないだろうと思ったら、最後の方ではやっぱり背骨をあっちこっちに引っ張られたり捻られたりして痛かった。でもやっぱり気持ち良い。

広告を非表示にする

プーケット2日目

f:id:amaken1976:20171020000324j:image

f:id:amaken1976:20171020000348j:image

f:id:amaken1976:20171020000404j:image

素晴らしく晴れ渡った青空の下、盛大に潜って、船上でゆっくり日光浴しました。日本の諸君、誠にすまんのぅ。

 

f:id:amaken1976:20171020000422j:image

そしてタイ式マッサージに癒される。

広告を非表示にする

プーケット1日目

18日の深夜00:30の便でバンガロールからバンコク経由で現地時間10:00プーケットに到着。

 

f:id:amaken1976:20171018231502j:image

f:id:amaken1976:20171018231516j:image

f:id:amaken1976:20171018231758j:image

 

南国は最高だ。ありとあらゆるストレスが溶けて鼻から流れ出ていく。詳しいことはバンガロールに戻ってから書く予定。

広告を非表示にする

Diwaliの豆とドライフルーツセット

昨年のDiwaliの時にも会社から豆とドライフルーツの詰め合わせセットを貰ったけれど,今年も同じようなものを貰った。

 

f:id:amaken1976:20171017213059j:image

手提げ袋の中から,やけにキラキラしたフィルムに包まれた箱が出てきた。なお,中心で光っているのは単に蛍光灯が反射しているだけです。

 

f:id:amaken1976:20171017213108j:plain

フィルムを剥がすと,なんとなくハロウィンっぽい雰囲気の豆や果物の絵が出てきた。去年とは趣向が違う。

 

f:id:amaken1976:20171017213117j:image

でも中は同じようなものでした。左上から時計回りにカシューナッツ・干しぶどう・クルミ・アーモンド・イチジクのドライフルーツ,となっている。ドライフルーツ類はともかく,豆類はまったく味がついていないのが問題。塩と一緒に乳鉢で荒く砕いて,オリーブオイルといっしょにパスタに和えて食べるぐらいだろうか。干しぶどうは個人的には好きではないのだけれど,ザワークラウトを仕込む時に入れると発酵が促進されるらしいので,今度そっちに入れてみるか。イチジクはお茶うけと思って適当に食べていれば終わるだろう。

 

今夜から5日間プーケットにダイビングに行く予定。そういうわけで荷造り中。

High Sierra,フードプロセッサー

僕はMacBook Proを使っている。最近OS XのHigh Sierraがリリースされたので昨晩寝る前にインストールを始めてそのまま寝たら,翌朝にチェックすると「インストールに失敗した」とメッセージが表示されていた。どこか嫌な予感を覚えつつリブートするとやっぱり立ち上がらない…。朝から汗びっしょりになってスマホであれこれ調べてみると,現象はそれぞれだけどHigh Sierraでインストール失敗したという話がいろいろ引っかかってきた。困ったなぁと思った時に,Time Machineでいつもバックアップを取っていることを思い出した。そうだ,まさにこういうときのためにあるんじゃん!というわけで,再起動時に⌘キー+Rを長押ししたらTime Machineからのリカバリーを行う画面が立ち上がってきて,そこからOSを再インストールすることで無事に起動した。いやぁ良かった良かった。

それはそれとして,2011年に買ったモデルだといいかげん動作が遅すぎて辛くなってきた。そろそろ買い替えの季節か…。でもインドだと異様に高いのよねぇ。

 

1ヶ月ほど前,会社で「ディワリのプレゼントを差し上げるので,内容を選んでください」という展開が来たことがあった。そこでは「ギフト券(数千ルピーぶん)」「ジューサー」「ボストンバッグ」という選択肢があったので,いろいろ考えたすえに「ジューサー」を選んだ。スムージーを自分で作れたらいいなと思ったのだ。

 

そして,忘れていた今になって,まさにディワリ期間の真っ最中に会社から職場に直接プレゼントが届いた。

 

f:id:amaken1976:20171017042933j:image

まさかのフードプロセッサー付き。でかくて家に持って帰るのに苦労した。右下の黒い物体は大きさ比較のためのiPhone 6(通常モデル)。

 

f:id:amaken1976:20171017043117j:image

なんと3595ルピーもする。ディワリのプレゼントは従業員全員に配られるので,どの選択肢でもこの水準の価格だとすると相当なお金が動いたような気がするが,太っ腹なもんですな。あるいは,まとめ買いで割安にしてもらったんだろうか。

 

f:id:amaken1976:20171017043018j:image

開封したところ。

 

f:id:amaken1976:20171017043039j:image

新品のはずなのだが,蓋を見ると傷だらけだったり茶色い変色が見られる。中古品なのか,新品でもこんなもんなのかは不明。

 

パーツが多いので最初は面倒だなぁと思ったものの,どれも簡単な作りなので使い方は眺めただけで大体分かった。頑張って全パーツを洗剤で洗って乾かしてから,ジューサーでリンゴと豆乳を混ぜてスムージーを作ってみたら美味しかった。活用しよう。

Deepwater Horizon

朝起きるとまだ背中や肩の周りが痛い。そのせいなのかどうか全身が怠い。やっぱり遅い筋肉痛ではなくて風邪なのかなぁと嬉しいような嫌なような気持ちを抱えながら,それでもシェラトンには欠かさず行ってカリカリのベーコンとかワッフルのような脂ギッシュなものを食べて,家に戻ってからとりあえず水を飲んでまた昏々と寝た。もう何がなんだか分からない。

目が覚めたら16:00過ぎ。多少マシになった気がしたので,なぜかそのままAmazon Primeで「Deepwater Horizon」というものを観た。マーク・ウォールバーグ主演で,例のメキシコ湾で原油が流出した事故をテーマにした映画だった。事故を表現したCGだか特撮だかの映像の凄まじい迫力と,俳優たちの鬼気迫る演技にずっと緊張しながら最後まで観た。結末がなんとも悲壮なので,ただでさえ曇りがちな一日で気分がすっきりしないうえに背中が痛くて気持ちがどんよりしているのに,ますます陰鬱な気分になる。もっとも,これは制作側の意図通りなんだろう。こういった現実に発生した災害をテーマを扱うものは,結末に救いを入れてしまったら視聴者もそこで考えるのを止めちゃうから,救いのない重い結末にするほうが問題提起として正しいのだと思う。日曜日になんてものを観てしまったんだという気持ちと,良い映画を観たという気持ちがないまぜになった。

 

あーこれじゃアカンということでむりやりジョギングして,そのあとDistrict 6でビールを呑みまくったら,どちらのおかげか分からないけど背中の痛みが完全に無くなった。

広告を非表示にする